「人民の政治」は誤訳

created: *Date: 2016-07-03*

堀内寛己(ほりうちひろき) x19290@gmail.com

リンカーンのゲティスバーグ演説の一節として知られる “government of the people, by the people, for the people”の意味について内外に諸説あるようですが、 僕は以前からこの “government of the people” は「(人民が)人民を統治する」という意味ではないのか? という自説を持っていました。 そしてインターネット時代ではこのフレーズの意味は「人民が人民を人民のために統治する」でほぼ決まりです。 証拠は例えば僕が開始した Google Groups への質問と、 その回答にあります。

以前は askville という amazon が主催していた Q&A サイトに僕の説を裏付けるに足りる二つの回答があったのですが、 もはやその痕跡はどこにも、 web.archive.org にもありません。 それで自らこの質問をしました。 僕は回答と自説が一致したので満足した旨返信し、 そこでこのセッションは終了しました。

またすぐ後でわかったことですが、 同じ主旨のもっと核心に迫った記述が en.wikipedia.org の中にあります。

I brought with me additional sermons and lectures of Theodore Parker,
私は Theodore Parker による追加の説教と説論を持参した。
who was warm in his commendation of Lincoln.
Parker はリンカーンの熱烈な支持者であった。
One of these was a lecture on 'The Effect of Slavery on the American People' ...
これらの一つの説論が、 『奴隷制度のアメリカ人民への影響』についてのものであった……
which I gave to Lincoln, who read and returned it.
私はそれをリンカーンに渡し、 彼はそれを読んで私に返した。
He liked especially the following expression, which he marked with a pencil,
彼がとくに気に入った表現が鉛筆でマークされていた。
and which he in substance afterwards used in his Gettysburg Address:
そしてその表現は事実上後に、 彼のゲティスバーグ演説に使われた:
'Democracy is direct self-government,
『民主主義とは、 直接、 自身が自身を統治すること[1]であり、
over all the people,
すべての人民が対象であり、
for all the people,
すべての人民のための、
by all the people.'[24]
すべての人民によるものである』

en.wikipedia.org/Gettysburg_Address/Lincoln's sources (5 段落目)

このセクションには、 他にも of the people の意味を裏付けるかもしれないことがらが、 いくつかごちゃごちゃ書かれています。 それでこのセクション全部を和訳しようとしましたが挫折しました。 それでも、 この段落が決定打になっていることは理解できました。

ところでマーク・ピーターセンという人が、 丸谷才一氏が of the people を「人民を統治する」と解釈しているのを「リンカーンも驚くにちがいない、 突拍子もない文法的解釈だ」と言って馬鹿にしていますが、 逆に自分の無知を晒した恰好です。 僕はこのピーターセンという人の言葉で、 丸谷氏が僕と同じ解釈をしていることを知ったのでこれを読んだときは、 丸谷氏ごと自説を一笑に付された気分でした。 今は自信を持って自説を主張、 いや、 もはや確立された解釈を紹介することができます。 ピーターセンという人は僕や丸谷氏よりもちろん英語が得意ですが、 頭はかなり悪いのでしょう。


  1. 自身が自身を統治すること

    ^ 自身とは誰でしょうか? それが人民です。

    「人民」を国語辞書で調べると「被統治民」と出ることがあります。 また人民は、 “the people” の直訳語です。 そして the people (the が付く)を英英辞書で調べると「政府の人間でも支配層でもない普通の人々」と出ます。 つまり the people にも被統治民という意味があります。 人民というのはどういう体制下であれ統治される側の人々なのです。 だから self-government とは、 そうした人民を人民自身、 正確にはかつて人民であった者が統治することを意味します。

    そう思ってあらためてこのフレーズを読むと、 「統治の重責を負う者は人民の中から慎重に選ばれなければならず、 統治者は、 ひたすら人民の健康と幸福のため職務を遂行しなければならない」というように深読みすることもできます。 「人民の政府」と訳している限り、 このような深読みはできません。

    古来、 政治・統治・法の目的は、 公共の福祉とされて来ました。 公共の福祉とは、 日本語だと意味がわかりづらいですが「人民の健康と幸福」のことです。 だから、 「人民のために人民を統治する」という考えは、 実際にどの程度実践されてきたかどうかは別として古くからありました。 だから 「かつて人民であった者が統治する」という点だけが民主主義の発明です。